医師が語る白内障の症状と治療法、対策のポイント

白内障とは

白内障という病気は大部分の人が一度は聞いたことがあると思います。では、どのような病気でどの様な症状が生じるのか、説明します。まず、白内障とは目の水晶体(下図参照)と呼ばれる部分が文字通り白く濁ってくる病気です。この水晶体が濁ってくる原因として、一番多いのは加齢性によるものです。その他にも糖尿病やステロイド薬による副作用、更には外傷などでも生じることが知られております。特に60歳以上の方の多くは白内障を生じております。そしてこの水晶体の濁りが徐々に悪化していき、多くの人は黄色、更に酷くなると茶褐色の色に変化してくることが知られています。

白内障の症状としては、視力低下、まぶしく見える(羞明感)、全体的にかすんで見える等の症状がみられます。これらの症状が時間をかけてゆっくりと進行することが知られております。

白内障の治療

白内障の治療に関してですが、ピレノキシン製剤(カリーユニ)やグルタチオン製剤(カタリン)と言った点眼加療によるものと、超音波乳化吸引術と言った外科的手術が行われます。点眼加療による治療は、基本的には濁った水晶体を透明に戻す作用はなく、進行を遅らせる作用があります。

60代や70代で比較的視力も良好で、日常生活が特に困ってないケースでは点眼加療を行うことが多いです。一方、車の運転が困難となったり、日常生活が困難になるぐらいの視力低下や羞明感が強い場合においては、手術加療を選択することが多いです。

白内障の手術とは

白内障の手術ですが、日本では年間に約150万件程度されております。その手術の殆どが超音波乳化吸引術による方法です。濁った水晶体を超音波によって細かく破砕し、吸い出します。その後、人口のレンズ(眼内レンズ)を挿入する手術です。眼内レンズには、現在では単焦点レンズ、多焦点レンズ、乱視矯正レンズがあります。単焦点レンズとは、一つの焦点にしか合わせることが出来ませんが、コントラスト(形や色の違いの明瞭さ)がはっきりします。

一方、多焦点レンズとは、遠距離から近距離まで焦点が合わせることができますが、コントラストが単焦点と比べて落ちることが知られております。また、多焦点レンズの白内障治療は令和2年4月から選定療養(主に多焦点レンズの費用が自己負担)か自由診療(検査代、手術代、多焦点眼内レンズが全て自己負担)となり、多焦点レンズの代金に関しては自費扱いとなります。最後に、乱視矯正レンズに関しては、強い角膜乱視がある方のみが対象となっております。単焦点、多焦点レンズはそれぞれ一長一短ありますので、主治医によく相談して決めましょう。

一方、バックリングの手術は比較的若年に用いる手術方法です。眼球にシリコンバンドを巻き付けて剥離を治す方法です。合併症として、変視(歪んで見える)が生じることなどが知られています。

では、最後に白内障について患者さんによく質問されることについてQ&Aという形で簡略的に述べたいと思います。

よくあるご質問とその回答

Q1 白内障の手術の際に入れる眼内レンズについては一生持つものでしょうか。

A1 一般的に眼内レンズは一生持ちます。ただ、眼内レンズが数年で汚れることがあります。その場合にはレーザーによって汚れを落とします。しかし、非常に稀なケースですが、眼内レンズそのものが経年により白くなることがあり、その場合は入れ替える場合があります。

 

Q2 白内障の手術は安全ですか?

A2 白内障の手術は眼科領域では最もよくされている手術です。患者さんに対し比較的身体的負荷や合併症も少ない手術です。しかし、稀に合併症を生じることがありますので、手術後暫くの間は眼科に通院を行う必要があります。

 

Q3 単焦点レンズ、多焦点レンズの場合の白内障の手術費用は幾らぐらいですか?

A3 一般的に単焦点レンズの手術の場合では3割負担の場合では片眼5万円前後になります。一方で多焦点レンズの場合ですと、各病院によって異なるので受けられる方は主治医医と相談しましょう。

 

Q4 手術後は眼鏡が必要でしょうか?

A4 単焦点レンズの挿入手術の場合ですと、多くの場合では遠距離か近距離用の眼鏡が必要になることが多いです。