医師が語る網膜裂孔、網膜剥離の症状と治療法、対策のポイント

網膜裂孔、網膜剥離とは

目の奥には神経で出来た網膜と呼ばれる組織があります。カメラで例えるなら、フィルムの役割をしているところです。近視が強い場合や年齢に伴う硝子体の変化によって、網膜に裂孔と呼ばれる穴や裂け目が出来ることがあります。更にその網膜裂孔部から周囲から網膜が剥がれてしまうことを網膜剥離と言います。

網膜裂孔、網膜剥離の原因と症状

網膜裂孔が生じると、硝子体中に網膜の色素上皮が散布されるために、蚊が飛ぶような症状(飛蚊症)が生じます。また、網膜剥離になると飛蚊症の症状に加えて、視力低下や視野狭窄が生じることが多いです。網膜裂孔、網膜剥離の原因として一番多いのは加齢に伴う硝子体の変化(後部硝子体剥離)が考えられます。眼球の硝子体と言う場所が加齢に伴って変化が生じてきます。その際に硝子体が収縮が生じてしまい、硝子体の一部は網膜と付着しているため、硝子体が収縮することに伴って網膜も同時に牽引され、網膜剥離が引き起こされます。(下図参照)網膜の一部がはがれると、はがれた部位から液体が入り込むことからさらに剥離が進行します。その他にも近視が強い人やボクシングなどの眼球に強い衝撃がある場合なども網膜剥離の原因となることが知られています。尚、この硝子体の変化が起こりやすい年齢は50~60代ですので、この年齢の方で近視の人は飛蚊症が生じた場合は特に注意が必要です。

網膜裂孔、網膜剥離の治療

網膜裂孔の治療は一般的に網膜にレーザーを当てる治療(網膜光凝固術)を行います。網膜裂孔部の周辺部にレーザーを当てることにより、網膜裂孔部から網膜剥離になるのを抑える役割があります。なお、レーザー治療に関しては外来で治療を行うことができ、費用は3割負担の場合で概ね3万円になります。また、網膜剥離の場合では硝子体手術やバックリング手術が適応となります。硝子体手術は剥離の場所をガスで注入することで浮いた網膜を元に戻して、裂孔(穴)の場所を冷凍凝固やレーザーで治療する方法となります。術後はうつ伏せの姿勢が凡そ1週間程度必要になります。合併症として、頻度が少ないですが眼内炎や術後白内障を生じることがあります。

一方、バックリングの手術は比較的若年に用いる手術方法です。眼球にシリコンバンドを巻き付けて剥離を治す方法です。合併症として、変視(歪んで見える)が生じることなどが知られています。

網膜裂孔をレーザーで治療した写真
(白丸部分がレーザーの跡です)

では、最後に私が網膜中心静脈閉塞症、網膜分枝閉塞症の患者さんによく質問されることについてQ&Aという形で簡略的に述べたいと思います。

よくあるご質問とその回答

Q1:網膜裂孔、網膜剥離を疑う自覚症状を教えて下さい

A1:上記に説明しているように、飛蚊症(蚊が飛ぶような症状)が生じる事や視野が一部欠けている場合や急な視力低下の場合などが考えられます。

 

Q2:網膜剥離になるとよく失明と聞きますが、本当でしょうか?

A2:網膜剥離の場合、早期の場合だと失明はしないことが多いです。しかし、網膜の黄斑部という場所が痛んでしまうと、視力改善が難しいことが多いです。飛蚊症が生じたら、早急に受診してもらうことが何よりも大事だと考えています。

 

Q3:近視の場合だとどうして網膜剥離になりやすいのでしょうか?

A3:近視の強いと眼球の長さが長くなり、その長い分だけ網膜が引っ張られ網膜が薄くなり、裂けやすくなります。

 

Q4:普段気をつけることがありますか?

A4:特段日常生活に気をつけることはないですが、若い人で近視の強い人の場合や50代~60代は注意が必要です。